5月3日 の記事の続きです。

遠山郷から下栗の里へ上がり、
そこからさらに上の「しらびそ峠」を目指しました。
s-P5030181shirabiso
s-P5030187shirabiso
s-P5030189shirabiso
あいかわらず猛烈な勾配が続いて行きます。
s-P5030196shirabiso
あまりにも急こう配のため
バランスを崩してヤマタンさんが
ポテチンとこけてしまわはりました。
s-P5030199shirabiso
s-P5030200shirabiso

しらびそ高原まで12km地点。
しんどすぎて地面に寝そべって休んでおられます。
s-P5030201shirabiso
s-P5030205shirabiso
s-P5030207shirabiso
s-P5030208shirabiso
景色の感じでだいぶ登って来たかんじがしました。
向こうの方に中央アルプスが見えていました。
s-P5030209shirabiso
s-P5030211shirabiso
遠くに恵那山。
s-P5030212shirabiso
s-P5030217shirabiso
s-P5030220shirabiso
しらびそ高原まで7km地点。
s-P5030223shirabiso


しらびそ高原まで6km
「気長に走ろう エコーライン」
と書かれていましたが、
自転車の場合はほんまにほんまに気長に構えなくてはいけません(笑)。
s-P5030225shirabiso
s-P5030228shirabiso
s-P5030233shirabiso
このあたり
隕石が落ちた巨大クレーターなのだそうです。
s-tac005shirabiso

s-P5030235shirabiso
そう言われなければ見た感じは谷にしか見えなくて
よーくわかりましぇん。
s-P5030236shirabiso
s-P5030238shirabiso
でも、谷間にクレーターができるほどの隕石ですから
めっちゃめちゃ強烈だったのでしょうね。
私は宇宙戦艦ヤマトのガミラスの遊星爆弾を想像してしまいました。
s-P5030239shirabiso
s-P5030242shirabiso
s-P5030244shirabiso
s-P5030247shirabiso
s-P5030248shirabiso
そしてえんえん上って来て
とうとう「しらびそ高原」に到着しました\(^o^)/

しらびそ高原は標高1900mも有ります。
s-P5030255shirabiso
s-P5030256shirabiso
s-P5030260shirabiso
s-P5030261shirabiso
s-P5030264shirabiso

どひゃー!すんごい景色!!
s-P5030265shirabiso
s-P5030266shirabiso
s-P5030268shirabiso
s-P5030270shirabiso
s-P5030271shirabiso
この景色を見るために
えんえんしんどい坂を上がって来ました。
s-P5030272shirabiso
s-P5030276shirabiso
s-P5030279shirabiso
s-P5030277shirabiso

s-P5030280shirabiso
s-P5030281shirabiso
下りに備えてブレーキの利き具合を調整しておられます。↑
s-P5030286shirabiso
少し下ったところにある
「しらびそ峠」でゆっくりしました。
しらびそ峠は1833mの標高です。
s-dg001shirabiso

s-P5030287shirabiso
s-P5030288shirabiso
s-P5030289shirabiso

kanbiさんがコーヒーを淹れてくれはりました。
s-tacshirabisoshirabiso
このツーリングが実行される何日か前は
お天気が悪く成りそうで心配していたのですが
うまいことこんなにいいお天気の日に来ることができて
めっちゃ良かったです。
「しらびそ峠」は電車輪行とかでもなかなか来にくい場所で
下からの登り坂も強烈にしんどいので
そうめったやたらに来れる所ではないですので
こんないい日にゆるゆるのお友達で来れて本当に良かったと思います。

※いつもありがとうございます。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村