ランドナー補完計画

サイクリングで走った記事を主に書いています。 ゆるゆるサイクリングクラブバイオレットを管理しています。

2024年07月

2024年6月22日の土曜日の朝8時集合して
ゆるゆるサイクリングクラブバイオレットのクラブランで
奈良県の水越峠に行って来ました。
s-P6220001awaji
今回は10名がエントリーしてくれはりました♪
そのうち何人かは奈良県内で合流する予定です。
s-P6220004awaji
定刻通り8時に走り出しました。
s-P6220007awaji
大和川の国豊橋を渡って国分を走ります。
s-P6220013awaji
国分の町
s-P6220018awaji
国分から関屋に入り、
関屋越えという峠を越えて奈良県に入りました。
s-P6220020awaji
s-P6220022awaji
奈良県側を走って行きます。
s-P6220025awaji
s-P6220026awaji
狐井(きつい)の辺り↑古墳の横を走って行きました。
s-P6220033awaji
s-P6220038awaji
s-P6220042awaji

s-P6220045toei
葛城山を背景に自転車を並べました。
s-P6220046awaji
O原さんが合流してくれはりました♪
s-P6220047awaji
少し早めにお昼ご飯を食べて行く作戦です。s-P6220049awaji

メンバーみんなが座れるように開店前からお店に着いたのです。
人気のあるお店ですぐに満席に成っちゃうのです。
s-P6220050awaji
cancanさんもお昼ご飯だけ食べに来てくれはりました♪
s-P6220051awaji
とんかつをよばれました♪
(「よばれる」というのは大阪弁でご馳走になると言う意味です。)
s-P6220056awaji
食事の後cancanさんとお別れして
我々は水越峠を目指します。
s-P6220059awaji
s-P6220062awaji
「ほな、股ね~!!」
s-P6220065awaji
用事が有るのに峠の登り口まで付き合ってくれはった
女子ローディのKさんとここでお別れしました。
「ほな、股~!!」
s-P6220069awaji
s-P6220071awaji
s-P6220073awaji

奈良県御所市の名柄という町から登って行きます。
棚田を見ながらのんびり行きました。

s-P6220077awaji
s-P6220078awaji
「ポタ」と言いますが
私の場合は
「汗をポタポタ、ポタリング」です(^^;

s-P6220081awaji
だいぶ登って「祈りの滝」に着きました。

s-P6220086awaji
役行者が祈った祈りの滝。
ここは地下水をくみ上げて水場になっていて
クルマで水を汲みに来る人が多いです。

s-P6220088awaji
そこからも
少し頑張って水越峠に到着しました。

s-P6220091awaji
水越峠

s-P6220093awaji
s-P6220095awaji
峠までお付き合いしてくれはった
O原さんとここでお別れしました。
「ほな、股~!!」

s-P6220096awaji
s-P6220098awaji
安全運転でゆっくり峠を下って行きました。

s-P6220100awaji
s-P6220104awaji
s-P6220106awaji
s-P6220109awaji
人生下り坂、最高!!であります。

s-P6220112awaji
s-P6220113awaji
s-P6220115awaji
s-P6220119awaji
河内長野市に下り
いつもの石川リバーサイドサイクルラインを走って帰りました。

s-P6220123awaji
s-P6220127awaji
s-P6220128awaji
s-P6220132awaji

天気予報で午後の2時位から雨って言っていたとおり
ちょっきし2時に雨がぽつりぽつり降って来ました。
s-P6220136awaji
s-P6220138awaji
それでもそんなに濡れるほどでは無くて
ぎりぎりセーフで柏原市に戻って来ることがでけました♪

暑い中、ご一緒してくれはってありがとうございました。m(__)m

※いつもありがとうございます。

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

キャンプに使っていたキャンピングガスというメーカーの
ガスボンベがもう手に入らなくなってしまっていて
うっとこに有るキャンプ道具の火器類が全く使えなくなってしまいました。
昔から有名な青い缶のガスボンベでしたが
メーカーが撤退してしまい今はもう完全に手に入らなくなりました。
特に気に入っていた溶岩を使った焼き肉用のコンロが使えなくなって
とても悲しいです。
s-77870awaji

自転車でのキャンピングに使っていた携帯コンロも使えなくなり
かなり痛い出費です。

この前、一泊で飛騨の方面へツーリングに行ったのですが
二日目が雨天になってしまい雨の中をサイクリングしました。
その時にカメラを濡らしてしまったのがどうやらダメだったようで
使っていたデジカメのOLYMPUSがうんともすんとも言わなくなってしまい
全く電源が入らなくなってしまいました。
もう古い機種ですし、もともと中古で買ったカメラですので
仮に修理ができたとしても修理代が購入価格より
はるかに高くかかってしまいますのであきらめることにしました。
こちらも代わりのカメラをゲットするために
これまた痛い出費です。
s-P7140464awaji
雨の白川郷がこのカメラの最期の地になってしまいました(T_T)

※いつもありがとうございます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

6/16

s-t001awaji

s-P6160415awaji

s-t002awaji
伊弉諾神宮を走り出して
そろそろお昼の休憩を考えていたら
何やら航空機の日の丸が見えましたので
近くに行って見ると。。。

s-P6160417awaji
自衛隊の航空機が何機か展示して有りました。

s-P6160421awaji
s-P6160425awaji
s-P6160426awaji
s-P6160430awaji
ミツ精機株式会社という会社が自衛隊から航空機を借りて展示しておられます。
航空機の部品を製造している会社のようです。
s-t003awaji

s-P6160439awaji
s-P6160440awaji

s-t004awaji
s-t005awaji
s-t006awaji
そのあとも激坂のアップダウンが有り
私は膝が痛くなりましたので
お二人とお別れして先にクルマに戻ることにしました。
s-P6160442awaji
タマネギ
s-P6160445awaji
ほなまたのちほどー。
s-P6160447awaji
島の真ん中あたりに居たので
とりあえずは海岸線をめざしました。
s-P6160449awaji

s-P6160451awaji
海沿いを走りクルマの置いてある東浦をめざして走りました。
s-P6160454awaji
東浦まて戻って来ました。

暫く待つとcancanさんも東浦に到着なさって
自転車を分解して待っていたら
あとのお二人も戻って来られて
4台のキャンピング仕様のランドナーを積み込みました。
s-taccamp004mini

s-taccamp005awaji
御覧の様なテンコモリ状態になりますが
4人乗って4台積んで帰りました。
このあと3人さんのご自宅までお送りし
無事に自宅に21時過ぎに戻ることが出来ました。

サイクルキャンピングは普通のサイクリングより
はるかに重たくて坂道はしんどいのですが
宿に泊まるのとはまた別の面白さが有り
また行きたくなります。

この夏も、秋もサイクルキャンピングで遊ぶのが楽しみです♪

※いつもありがとうございます。



にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

淡路島キャンピングの旅の続きです。


s-P6160321awaji
s-P6160325awaji
s-P6160329awaji
s-P6160338awaji
棚田を見に山の方へ登って行きました。

s-P6160343awaji
登ったり下ったりなかなかしんどいです。

s-P6160344awaji
急な坂道が次々に現れました。

s-P6160347awaji
s-P6160348awaji
淡路島って本当に棚田が多いんですね。

s-P6160352awaji
s-P6160356awaji
s-P6160371awaji


s-P6160373awaji

私の自転車にはキャンプ用に巨大なペットボトルを
取り付けるボトルケージが付いていますが
ペットボトルが太すぎて少しでも片寄っていると
足にこすれてしまう事が有りました。
もう少し小さなペットボトルの方がいいかもしれません。

s-P6160378awaji
s-P6160379awaji
「こんな荷物をたくさん積んで走っているのは見たことないわー」
って前日に出逢った軽トラのおっちゃんが言うてはりましたが
確かにこういうスタイルの自転車ツーリングは少なくなりましたね。
しょうじき、今回の様な一泊だけのツーリングには用意や装備や
テントの設営などを考えると手間の割にはもっいない気もします。
本当は2泊以上のツーリングがやりたいところですが
安サラリーマンの身分の私には休みがありましぇん。

s-P6160388awaji
s-P6160392awaji
このあたりも激しい上り坂でした。。。

s-P6160403awaji
s-P6160405awaji
激坂~!!

s-P6160409awaji
s-P6160411awaji
s-P6160413awaji

坂を下って大きな神社に出て来ました。
「伊弉諾神宮」(いざなぎじんぐう)

日本最古の神社って書いている所もありますが
私の中では奈良県の大神神社が日本最古と思っておりました。
そう言えば朝に行ったの巨大な赤い鳥居の「おのころ島神社」
の鳥居も日本一大きいと書いてあましたが
これも奈良県の大神神社の方がデカいでーって思いました。
後日、調べましたところ、本当に日本一大きな鳥居は
和歌山県の熊野本宮大社の社殿から少し離れた田んぼの中に建っている
鳥居が高さ33.9mで日本一だそうです。
奈良県桜井市の大神神社の鳥居は32.2mで2位だそうです。
ほんなら淡路島のおのころ島神社の赤い鳥居はどのくらいかと言いますと
21.7mで日本17位の大きさだそうです。

s-P6160414awaji
伊弉諾神宮でしばし休憩。。。

※いつもありがとうございます。にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

まあ大変な夜でしたが朝には雨があがってとりあえずいい天気に成りました。
s-taccamp01mini

s-P6160237awaji
朝食を食べてテントを撤収し走る準備が整いました。
テントは夜の雨でびちょびちょになっていました。

s-P6160240awaji
s-P6160241awaji
s-P6160243awaji
キャンプサイトから道路まで斜面を押し上げます。

s-P6160245awaji
s-P6160250awaji

出発でーす。
なにやらダムの奥の方の道に
怪しげな「結界」があるというので見に行きました。
沢蟹が道に歩いていました。
s-P6160258awaji
s-P6160259awaji
↑なるほどー。
これが結界なのですね。なんの結界なのかよくわかりませんでしたが
古くからの山岳信仰的な何かなのかなぁ?

s-P6160267awaji
s-P6160270awaji
s-P6160276awaji

諭鶴羽湖のある諭鶴羽山(ゆずるはさん)は
淡路島で一番高い山なのです。
なので、昔からの登山者も多いのでしょうね。

s-P6160277awaji
s-P6160278awaji
s-P6160280awaji
s-P6160284awaji
ぐるっと周ってダムに出て来ました。

s-P6160285awaji
s-P6160286awaji
サイクリングターミナル
はもう営業してはりませんでした。
私はずっと以前は日本のあちこちのサイクリングターミナルに
泊まりに行くのが好きでしたが、もう今は宿泊できる所が
ほとんど無くなってしまってとっても残念です。

s-P6160287awaji
昨日はしんどい目をしてキャンプ場のダム湖まで登りましたが
下りはほんまにあっという間でした。

s-P6160293awaji
ここでcancanさんとお別れしました。
我々は棚田を見るために山の方へ行きますが
cancanさんは西海岸沿いに走って東浦を目指しはります。
s-P6160294awaji

当初はF1さんと一緒にお帰りになる予定だったのですが
F1さんが来れなくなったため「ほなら奈良まで送りますさかいに
クルマで一緒に帰りましょう」とお誘いして、
東浦で落ち合って帰ることにしたのです。
私たち3人は棚田を見るために山の方へ向かいました。
s-P6160295awaji
s-P6160297awaji
ずーっと行くとめっちゃ大きな鳥居が有りました。
s-P6160311awaji

s-P6160302awaji
s-P6160306awaji

写真とか撮って休憩していたらなーーーんと、なんと、
s-P6160309awaji
先ほど分かれたばかりのcancanさんが走って来はりました(笑)
なんちゅー偶然!!
s-taccamp002mini
4人で記念撮影してから、ほんとにここでcancanさんとお別れしました(笑)

※いつもありがとうございます。
にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村

このページのトップヘ